2017
01.26

すべての発信の鍵は「この、たった1つ」と言っていい

Concept

来月、魅力的なビジネスプロフィールを作る講座を
やって欲しいとの打診を受けて、資料をせっせと作っておりました。
 
昨日の記事は、頭の中でコンテンツを整理するために書きました。(^^)

基本的に自分の歴史をつらつらと書いていくわけです。
 
が、やっぱりこれもマーケティングの発想で作らないとダメなんですね。
 
 
チラシとか、ショップ前の黒板とか、サイトのコピーを書くのと同じ。
 
究極的には、この、たった1つのことが伝わるように言葉を並べるんです。
 
「どんな(悩みを持った)人が、どういうふうに変わるのか?」
 
  
どれだけ、自分のことを必要としている人をリアルに想像できるか?
 
その人達が、日頃どんな悩みを抱えていて、
それが意識の表層にわき上がるのはどんなタイミングなのか。
 
その人達は、どんな言葉でその悩みをつぶやいているのか。
 
そして、その人達は自分のどんなところに魅力を感じ、
どんなベネフィットを手に入れたいと思っているのか。
 
そんなことが分かってないと、いいプロフィールを含めて、
いいコピーが書けません。
 
 
忘れがちなことなんですが、コピーとかプロフィールを書くってのは、
つまりは「発信する」ってのは、
目の前にいない誰かとのコミュニケーションをとること
なんですよ!
 
だから、僕らは常に、これを忘れてはならないんです。

ソクラテスは「大工と話すときは、大工の言葉を使え」と説いた。
コミュニケーションは受け手の言葉を使わなければ成立しない。
受け手の経験にもとづいた言葉を使わなければならない。
── P.F.ドラッカー『仕事の哲学』

心しましょう。(^^)

コメントは利用できません